シマノ 電力丸10Ah

この商品についてのお問い合わせ
65,880
52,704 ( お取り寄せ )

商品の説明

深場や高負荷時の釣りでも安心
[電力丸]シリーズ最強のレスポンスを供給

直結スルメの多点掛けを繰り返す釣りでは少しパワー不足、また厳寒期の釣りやチャーター船での終日での釣りでは容量が不足する。そんな船上からの声に応えて登場した大容量バッテリー[電力丸10A]。ハイスペック化する電動丸に完全対応します

電力丸を長持ちさせるコツのご紹介

(1)バッテリーの保管方法

・ 釣行後、バッテリー残量が少なくなっている場合は、可能であればLEDランプ2~3個点灯状態まで充電して保管して頂くと劣化が進み難くなります。
・ 満充電状態の保管は僅かに劣化が進みますが、大きな問題はありません。ただし、使用しない時に繰返し充電(満充電状態維持)しないでください。
・ 容量を使い切った状態で保管しないようにしてください。
・ 長期間保管される場合はバッテリーの劣化を抑えるために、3か月に1度は充電してください。
・ バッテリーは生物(なまもの)です。置いておくだけでも内部の劣化が進みます。
  内部の劣化が極力進まないように保管してください。
・ 保管場所は屋内でかつ暖房や冷房風の当たらない場所が最適です、内部の化学反応が抑えられます。
・ 過放電、過充電は避けてください、内部劣化が進行し、性能(容量)が著しく低下します。
・ 電動リールに接続したままの保管は避けてください、0.1~0.2 A 程度の電流が常時流れるため、長時間放置すると過放電状態になります。
・ 長期保存(半年以上)充電を行わなかった場合、充電できず使用できない状態になることがございます。

(2)バッテリーの劣化が早くなる条件

・ 保管期間が長く、使用頻度が低いとき。
・ バッテリー残量が少ない状態で長期間保管したとき。
・ 高温になる場所で充電を繰り返したり、保管をしたとき。

(3)バッテリーの交換時期の目安

・ バッテリーは充放電を繰り返すと電池としての能力が徐々に低下します。
 極端にバッテリーの使用時間が短くなってきたときが交換時期の目安です。
・ ただし、冬期や寒い環境下では、バッテリーの使用時間が短くなります。
 これはバッテリーの特性上の現象です。気温が高くなると使用時間は元に戻ります。
 ※バッテリーの交換時期の目安と、製品の保証期間とは関係ございません。


商品画像


国府津 内田釣具店
256-0812神奈川県小田原市国府津 2-2-24
tel/fax 0465-47-4561